初心者におすすめ 安く買える液タブおすすめランキング5

付属されているペンを使って直接ディスプレイに文字を書いたり絵を書いたりできる液タブ。

実際にアナログで書いている姿勢でペイントできたり、液タブとパソコン内にあるペイントソフトさえあればいいので、コストを抑えて始めることができます。

そこで初心者におすすめの安く買える液タブを5つ紹介していきます。

おすすめの液タブランキング

XP-PEN Artist15.6

価格は38000円ほどで安いのに、高スペックと言われているためコスパ抜群の液タブになります。

メーカーのホームページをみると完全日本語に対応しており使い方からサポートまで完成度の高いホームページになっているため、日本人に好まれています。

またこの製品からペンの反応速度が上がったため、よりスムーズに描けるようになりました。

もうひとつの魅力としてペンの充電が必要なくなっており、これから紹介する中では唯一の高スペックになります。

各メーカーから出ている液タブは似ているようなものが多いですが、ペンの反応速度と電池レスになっているのが魅力です。

本体の厚みはわずか11mmで、デザインの美しさが際立っており、バランスがとれたデザインになります。

なのにどこよりもリーズナブルな価格なので人気の理由も納得できますし、日本代理店もあるので、発売された時から人気を集めている液タブです。

Amazonなどでも高評価を得ているので安心して使うことができますよ。

HUION KamvasPRO 13

HUIONメーカーなので、安心感がありこれから紹介する最新機種なHUIONの中でも安心感が高いです。

ペンの傾きを検知してくれる機能が搭載されており、ランキングも高いです。

このペンの傾きを検知する機能はワコムの液タブ以外ては初めてとなり、ペン追従性能はその中でもハイスペックといわれているにも関わらず価格が4万円を切るため、コスパ抜群と言えます。

液晶は13.3インチとコンパクトで小さく腕を使って大きく書きたい、使いたいという方にはおすすめできない物になりますが、手首を使い小さい範囲で書くタイプの人にはとてもおすすめの液タブになります。

本体のサイド部分についているクッションキーには指をなぞらせるだけで調節できるタッチバーが搭載されています。

Wacom One 13

入門用の液タブになっており、この業界で30年以上になるら日本の有名なメーカーなので、安心感抜群です。

ワコムの最近タブレットになり、製品の作りが細かい点まで行き届いているところは安心感があるのが魅力です。

もし壊れてしまっしまっても日本メーカーのサポートが受けられるのも嬉しいポイントです。

ワコムは結構いい値段がするもが多いですが、5万円以下で購入できますし、程よいスペックがあります。

筆圧に関しては今の時点では最高レベルと言われているため、初心者の入門用には十分すぎるぐらいおすすめです。

筆圧関知はXP-PENやHUIONよりも低いですが、数年前までディズニーなどプロの漫画家の方も使っていた筆圧レベルよりも倍ほど高いので、初心者には十分です。

液晶解像度に関してもフルHDと美しく、液タブでは初めてAndroidタブレットと繋げて使うことができます。

間違いのない定番の液タブを買いたいという方にはとてもおすすめです。

GAOMON PD1560

3年前に突如現れた新星のメーカーですが、スッキリした錐体のデザインとコスパの良さで、使用感に関してもクチコミが高く、あっという間に広がった製品になります。

発売当初は慎重になっている方が多かったですが、販売が開始すると高評価が高く、Amazonでもクチコミの平均が4.5とほぼ満点に近い高評価を得ていますし、実際に使っている方の声を参考にしたい人はいると思うので、評価がいいのは参考にできる要素になります。

新星のメーカーだとサポート面に不安を抱える方もいるかもしれまへんが、しっかり対応してくれますし、価格とも安いので、購入を考えている初心者の方におすすめです。

抑えるところを抑えたスペックで、他の液タブと同様に描き心地も抜群です。

XP-PEN Artist 12

1番最初に紹介したXP-PEN Artist15.6と同じメーカーになりますが、液晶が11.6インチとコンパクトなディスプレイになっており、11.6インチは最初サイズと言われているので、購入してすぐにサクッと始めたい方におすすめになります。

この11.6インチの液タブはヨーロッパの中でも1番売れているサイズ感になり、デスクスペースに余裕がない方や、初めて液タブを購入するけど安く買いたいという方にはおすすめです。

付属されているペンは六角デザインを搭載しており、今風の新しいペンになっています。

気軽に始めたい方にはぜひ使って欲しい描き心地があり、2万円台というリーズナブルな価格で買うことができるので、手軽感もあり色んな液タブの中でも最安値と言えます。

まとめ

液タブはスペックがあまり変わらない物もが多いかもしれませんが、価格に変動があります。

初心者の方は自分に使いやすいものを選んでみたりサポートをみてみたりピッタリのものを選んで買ってみてください。

価格は安くてもスペックと高いものがたくさんあります。