最適な作業机を選ぶことで、液タブの便利さがさらにパワーアップする

液タブは、ペンを使って液晶モニターに直接絵が描ける便利なツールです。

デジタルでイラストを行う人にとって、スピーディーで正確な作業が可能になります。

液タブのメリットをフルに活かすためには、効率的な作業机を選ぶことが大切です。

液タブの作業に適した机選び

液タブを利用する際に、現在使用している机では作業環境に不向きな場合もあるでしょう。

液タブでは自分の手元を見ながら作業ができるため、紙を使ってアナログで絵を描くことと似た感覚が味わえる点が大きなメリットです。

このメリットを最大限に活かすためには、液タブの環境に適した机で作業することが重要です。

使用する液タブのサイズや重量、机の上に乗せるもの、それぞれの配置などで必要なスペースも異なります。

狭いスペースでは作業がしにくく、せっかくの機能性を十分に活かすことができません。

適切な机の選び方については、目をつけるべき基本的な部分を知っておくことで選びやすくなるでしょう。

液タブのサイズに応じた大きさの机を選ぶ

液タブの大きさによって、作業に適した机の大きさも異なります。

液タブのサイズは、13インチ程度のコンパクトなものから、27インチや32インチのような大きなものまで幅広くあります。

どの程度のサイズの液タブを利用するかは、各自の使い方によって異なる面があります。

仕事で利用するなどの本格的な場合は、サイズの大きなものを利用することも多いでしょう。

趣味利用が中心でコンパクトなサイズでいい場合は、13インチ程度のものでもしっかり対応できます。

一般的には、16インチ程度のサイズが幅広い層によく利用されている大きさです。

19インチ、22インチ、24インチやこれ以上のものは、デジタルペイントを仕事にしている人や本格的な作業をする人に向いているサイズです。

作業部屋のスペースが小さく、あまり大きな机を置くことができない場合もあるでしょう。

それぞれの状況に応じて、バランスの良いサイズを選ぶことが大切です。

現在使用している机で作業しにくい場合は、液タブのサイズに合わせた形で、作業机などの環境を一新することも必要です。

余裕のあるスペースが大切

パソコンを置くイメージで液タブのスペースを考えると、作業机の奥行きが足りずに手狭になります。

考えている以上に液タブは場所を取るため、できるだけ余裕がある机のスペースを確保することが大切です。

当然ながら、液タブ以外にも資料などの様々なものを机の上に置きたい場合は、さらに広い空間が必要になります。

基本的に机を大きなものにすれば解決しますが、但し、あまりに広すぎても作業がしにくくなるため、ここでもバランスが重要です。

サイズの大きな液タブを利用する場合は、それに応じて大きな机が必要になるでしょう。

部屋のスペースがそこまでない場合は、L字型の机にすることで対処できる場合があります。

頑丈な机は正確な作業に必要な要素

デザインは細かい作業になるため、机の頑丈さも大切なポイントです。

揺れやすい机であれば、作業に支障をきたすことなります。

特にサイズの大きな液タブを利用する場合は、頑丈さにかける作業机では安定感が保てなくなり、作業効率が悪化します。

格安の作業机の中には、耐久性に不安のある商品もあるため注意が必要です。

しっかりした机を選ぶのであれば、 一定以上の価格帯のものから探すことがおすすめです。

また、作業机の高さも意識しておきましょう。

実際に店舗で確認し、液タブで作業をすることを念頭に自分に合う高さの机を選ぶといいでしょう。

もちろん椅子との兼ね合いがあるため、机と椅子の高さのバランスが取れたものを選ぶことが大切です。

自分に合った椅子の利用は身体的な負担を軽減

机はもちろんですが、椅子に関してもこだわりたい部分です。

自分に合わない椅子に座ると、長時間の作業で身体的な負担が大きくなります。

集中力を続ける意味でも、リラックス機能のあるものなど、快適に座れる椅子選びが作業を効率的にします。

液タブでの作業は前かがみになるため、腰の負担を軽減できる椅子が最適です。

リクライニング機能、座面の調整機能、座面の適切な硬さ、座り心地など、身体に優しい作りの椅子を選ぶことがおすすめです。

作業机や椅子を機能性の高いものにする場合は、それなりのコストが必要なこともあるでしょう。

しかし度々買い換えるものではないため、最初にしっかりしたものを購入することが適切です。

液タブのレイアウト例を参考にイメージを作る

液タブでの作業を効率良く行うためには、机の上の配置がとても重要です。

しかし、液タブでの作業が初めての人にとっては、どのような配置で行うことが適切なのかイメージが沸かないこともあるでしょう。

参考になるのは、作業机での液タブのレイアウトを写真付きで紹介しているサイトです。

好みに合わせていくつかの配置例があるため、確認すると適切な配置のイメージがつかめます。

まとめ

デジタルでのイラスト作りに、液タブの利用は高い効果を発揮します。

製品の機能性はもちろん大切なポイントですが、それに合わせた作業の環境作りも非常に重要です。

適切な作業机は、液タブの作業さらに効率化し、日々の作業を快適に行うことができる欠かせないアイテムです。