液タブを使うのにデスクも用意したほうが良い?今使っているデスクでも大丈夫かな?

やっと液タブを購入する目処もついて、後は品物が届くまでになった時に今度は気になるのが、作業環境ですね。

これまでに使用してきたデスクをそのまま使えれば、もちろん問題はありません。

でもこの液タブ、意外と場所を取るのです。

液タブを使うにはパソコンが必須

この液タブ、一部製品を除くと単体では用をなしません。

パソコンが必要になってきます。

まあ今の時代、パソコンのほうが先にと言う人が多いでしょう。

後になって液タブ購入というケースのほうが一般的ですね。

特に絵を描く人の場合、スマホだけでは足りませんから、パソコンの導入は結構早いはずです。

つまりパソコンデスクはすでに持っている、と言う人もいるわけです。

いやデスク無しでノートパソコンを必要な時だけ、リビングテーブルで使ってる、と言う人ももちろんいます。

そういった人の場合は、液タブ用にデスクを新調するのがおすすめです。

結構場所を取るのが液タブですから、下手するとリビングテーブルを占拠される恐れも出てくるのです。

またパソコンデスクを持っている人も、パソコンだけで満杯という場合、何か工夫が必要ですね。

液タブ用のデスクを用意する際に

液タブを使うイコールパソコンを使うということになります。

使い勝手のいい形での作業は、どんなデスクで行えるのでしょう。

L字型の配置もしくは囲い型配置

パソコンと液タブの同時使用で最も面倒のないスタイルは、L字型デスクでの作業です。

L字の一方にはパソコンを、もう一方には液タブを置く形ですね。

囲い型だともう1つ自由に使えるデスクが出来ますので、大変に使い勝手が良くなります。

何かをパソコンで調べてと言う作業も、ちょっと横を向くだけで出来るのが非常に便利です。

すでにパソコンデスクを使っている人の場合、他に1つデスクを加えれば済むので面倒もありません。

問題は、気分的に機械類に囲まれていることで、圧迫感を感じる人もいることです。

コクピットに座っている感じがするので好き、と言う人が多いのですが、ちょっと機械に押しつぶされそうと感じる人もいるのです。

手前に液タブ奥にパソコン

奥行きの深いデスクを使用する形です。

正面にパソコンが配置されますので、非常に使いやすいのが特徴です。

ただどうしても、奥行きのかなりあるデスクでないと使えないということがネックになりますね。

これにキーボードが加わるので、実際パソコンの位置はかなり遠くになります。

目の悪い人にはいささかきつい配置です。

横長のデスクで並べて配置

横に長いスペースが取れるなら、横長のデスクでパソコンと液タブを並べて配置というのも悪くありません。

L字型のようなちょっとした圧迫もなく、縦並べのようにパソコンが遠くなるということもありません。

ただこの場合、パソコンで作業する時に横移動というちょっと面倒な移動が出てきます。

脚にキャスターの付いている椅子の同時購入をおすすめしたいです。

どんなデスクを選ぶべき

では実際にデスクを選ぶ時に押さえておいたほうが良いポイントを見ていきましょう。

サイズをチェック

L字型配置にするにしろ、縦並べで使うにしろ、デスクの大きさは大事です。

もちろんパソコンと液タブの大きさを考えてサイズを決めなくてはいけません。

でもそれ以上に、今使っている部屋に収まるかどうかも、これも大事なポイントです。

大きなデスクを購入したら、それだけで部屋が一杯になった、では作業どころではありません。

パソコンのサイズ、液タブのサイズ、部屋のサイズ全部をきちんと把握してデスクを選んで下さい。

安定性は大事

パソコンでの作業もですが、それに液タブが加わると安定の悪いデスクは結構揺れます。

普通のキーボードの打ち込み程度なら、多少揺れても問題はありません。

しかし液タブでの作業となるとこの揺れで、線が乱れるだけでなく集中力も落ちてしまうこともあります。

しっかりとした安定性の良いデスクを、選ぶのがおすすめです。

液タブ作業用のデスクのお値段はどの程度

では実際の値段について見ていきましょう。

これも製品によって大きく差がありますが、最もコスパの良い値段帯としては1万円クラスがあげられます。

幅の広いデスクならこの値段で購入が可能ですし、使い勝手もよく揺れもそれほどではありません。

シンプルなので他の使い方もできるので、便利です。

入門編としては、このあたりがおすすめです。

3万円クラスになると、かなり性能の良いデスクが手に入ります。

専用のパソコンデスクもこの値段帯なら手に入りますので、使い勝手と値段とのバランスが非常にいいですね。

これ以上の値段帯のものになると、流石に最初は手が出しづらいですね。

覚えておいて欲しいのは、値段だけでなく使い勝手という点です。

高名な漫画家さんでも、何故かデビューの時のデスクをそのまま使っている人、多いのです。

値段イコール性能や耐久性にはなりますが、イコール使い勝手の良さではない、と言う例ですね。

まとめ

液タブを使う時に利用する専用のデスク、これはあるに越したことはありません。

実際、お絵かきと言うと軽く聞こえてしまいますが、これ純然たる作業です。

ギャラが発生する作業にもなるのです。

自分の使い勝手のいい、作業の捗るデスクを見つけてくださいね。