液タブを使ってイラストやマンガ制作!ノートパソコンでも使えるかな?

あっという間にお絵かき関係もデジタル化してきました。

紙にペンを使ってのお絵かきが当たり前だったのに、今ではデジタルでのお絵かき、そのまま入稿という形も一般的になってきました。

でも実際、デジタルでのこうした作業に液タブが初めて、と言う人もいますよね。

パソコンの性能などとの折り合い、知っておきたいですね。

液タブという製品自体のこと

液タブと略されていますが、これは液晶ペンタブレットの略です。

いわゆるデジタル文具の1つですね。

ユーザーが直接画面に専用のペンを使って絵を描いていけるので、アナログお絵かきに慣れている人には扱いやすいのが特徴です。

ただ液タブ自体は外部ディスプレイなので、パソコンに繋がないとその先にはいけません。

一部高価な液タブの中には、それ自体で機能ができるものもありますが、基本的にはパソコンに繋ぐというのは必須です、液タブだけでは、基本その先には行けないということは、これから使い始める人には何よりも把握しておいて欲しいことです。

できればすでに愛用の、それなりのスペックを持ってパソコンがあれば問題ありません。

そうでない場合、液タブを使用するということは、パソコンも同時購入が必要だということを、記憶しておいてくださいね、

液タブと繋ぐのにノートパソコンとデスクトップでは

一昔前までは、ノートパソコンというものはスペックではデスクトップには大きく及ばないものでした。

今でも基本、デスクトップのほうが性能は上、と言う認識があります。

しかしノートパソコン自体の能力が大きく上がってきていることも、また事実です。

ほとんどデスクトップと遜色のない性能のノートパソコンも、多く販売されています。

安いデスクトップよりもスペックの高いノートパソコンというものも、もちろんあるのです。

なので液タブと接続するのにも、今ではノートパソコンのスペックで充分という感じですね。

液タブとの接続に充分なだけのスペックとOSなどがあれば、ノートパソコンでも充分に使うことが可能です。

(参考ページ)私がおすすめする液晶ペンタブレット(液タブ)ベスト8ランキング

加えてノートパソコンなら持ち運びも可能ですし、バッテリー充電で使うことが出来ます。

打ち合わせなどに持っていくのにも、ノートパソコンのほうが便利なのは言うまでもありません。

ある意味、液タブを使って漫画やイラストを仕事にしていく場合、ノートパソコンを使うほうがおすすめなのです。

どんなスペックが必要なのか

今手元にあるパソコン、もしくは新しく購入するパソコンも、液タブとうまく合わなくては使い物になりません。

なので最低限必要なスペックなどを見ていきましょう。

もちろんノート、デスクトップに関わらずの条件です。

HDMIが接続できるか

HDMIケーブルが接続できるかどうか、これをまず調べて下さい。

これが接続できない場合、変換など面倒な作業が必要になってきます。

それを避けるためにも、接続可能かをまずチェックしたいですね。

液タブでイラストを描いたとしても、それをパソコンに接続してその後の作業ができなければ、どうにもならないのです。

OSにも注意を

普通一般のノートパソコンやデスクトップの場合、もちろん大手のWindowsもしくはMacのOSが使われています。

しかし今ではOSの種類も増えました。

問題は、液タブ専用のドライバーをインストールしなくては使えない、ということなのです。

対応しているOSを選ぶ必要があるということですね。

対応OSの幅も広がって履きましたが、大手OSならば問題なく対応、インストールが出来ます。

他のアプリのインストールなども必要なので、使えるアプリの多いOSにしておけば間違いありません。

メモリの容量にも注意を

デスクトップの場合、まずメモリ不足というのはよほどの激安のものでない限りありません。

しかしノートパソコンの場合、メモリには注意が必要です。

結構有名メーカーのものでも、メモリが少ない製品があります。

後で必要に応じて増設してくれと言った感じです。

増設もできますがここは、メモリ数の多いパソコンを選ぶに越したことはありません。

容量が大きければ使い勝手もいいので、最低でも16GBくらいのメモリ数は欲しいですね。

CPUはどの程度のものを

CPUに関しても、一応チェックです。

intelならば、Corei5あたりがおすすめです。

今のパソコンの場合、i3あたりは当たり前ですし、i5も普通に出回っています。

このあたりなら充分に液タブを利用の時にもサクサク動いてくれますので、i5あたりを搭載のノートパソコンを用意して下さい。

ノートパソコンにするかデスクトップにするか

正直なところ、両方あれば最高です。

しかしざっくりと見て、家での作業が多くしかも打ち合わせもオンラインや電話でという場合、能力も大きく動きも良いデスクトップは使い勝手が良いですね。

家での作業もだけど外でも使うことが多い、打ち合わせも外部でという場合には、ノートパソコンのほうが便利です。

今のノートで15インチクラスのものならサイズもほどほどですし、重量も2キロ程度のものが多く出ています。

このあたりも考えて、デスクトップにするのかノートにするのかも、よく考えてみて下さい。

まとめ

液タブの使用に関しては、とにかくパソコン自体が必須です。

いくらいい絵を描いても、液タブだけではその先に進めません。

パソコンを用意しなくてはいけないのです。

そのパソコンも、ある程度のスペックがないと処理ができないということも忘れずに、最適なパソコンを選んでいって下さい。